Windows10 Microsoft Print to PDFを消してしまった時の復活方法について

スポンサーリンク

Windows10 でPDFファイルを作成するときに使うと便利な「Microsoft Print to PDF」を誤って消してしまった、いつの間にか無くなった時の復活方法、元に戻す方法について紹介します。

スポンサーリンク

Microsoft Print to PDF について

「Microsoft Print to PDF」は文書等を印刷するときにプリンターとして使うと、印刷する代わりにPDFファイルを作成してくれる機能です。
通常登録されているプリンターの中に最初からインストールされています。


この「Microsoft Print to PDF」がプリンター一覧から無くなってしまった時の、元に戻す方法を今回は紹介します。

Microsoft Print to PDFをインストールする方法

スタートメニューから「設定」をクリックします。


「デバイス」をクリックします。


「プリンターとスキャナー」をクリックします。


「プリンターまたはスキャナーを追加します」の左にある「+」ボタンをクリックします。


少しの間、プリンターを検索します。


検索後「プリンターが一覧にない場合」と表示されるので、これをクリックします。


「ローカルプリンターまたはネットワークプリンターを手動設定で追加する」をクリックして「次へ」をクリックします。


「既存のポートを使用」の左にある「LPT1:(プリンターポート)」をクリックします。


一覧から「FILE:(ファイルへ出力)」をクリック後、「次へ」をクリックします。


「Microsoft」→「Microsoft Print to PDF」と選択後、「次へ」をクリックします。


「現在インストールされているドライバーを使う(推奨)」のまま、「次へ」をクリックします。


「次へ」をクリックします。


お好みで「通常使うプリンターに設定する」のチェックを外して「完了」をクリックします。


これで、「Microsoft Print to PDF」を再インストールすることができました。

Windows10システム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366