Windows10 Microsoft Edgeを手動で最新バージョンに更新する方法について

Windows10 の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeのバージョンを手動でアップデートする方法はあるのでしょうか、調べてみました。

Chromium版Edgeに更新する方法

2020年1月16日、マイクロソフトはChromium版のMicrosoft Edgeを公開しました。

このChromium版は、基本的に自動ダウンロードで更新されますが、2020年4月までは自動更新が始まらないので、マイクロソフトの公式サイトからChromium版に限り、手動でダウンロードとインストールができるようになっています。

詳しいインストール方法はこちらの記事をご覧ください。

Chromium版Microsoft Edgeを手動で更新する方法について


従来のChromiumではないMicrosoft Edge のアップデート方法については、以下の記事をご覧ください。


MIcrosoft Edge を手動でアップデートする方法はない

まず最初に結論から言うと、Microsoft Edgeのバージョンだけを手動でアップデートする方法はないようです。

これは、MIcrosofot Edge はWindows10のバージョンに紐付けされており、最新版のMicrosoft Edge にバージョンアップをしたいときは、Windows10のバージョンを最新にする必要があるからです。

その為、Microsoft Edge の設定等を探してみてもアプリをアップデートする項目はありませんでした。

旧バージョンのMicrosoft Edgeを最新バージョンにする方法は?

上で紹介したとおり、Microsoft Edge はWindows10のバージョンアップと同時にされるので、Microsoft Edge のバージョンが最新ではない場合は、WindowsアップデートからWindows10を最新バージョンにする必要があります。


Windows10を最新バージョンにすると、Microsoft Edge も最新バージョンに更新されているはずです。

Windows10のバージョンを調べる方法

Windows10のバージョン情報を調べる方法は、こちらの記事を参考にしてください。


その他のMicrosoft Edge の使い方はこちらからどうぞ。
Microsoft Edge の使い方とおすすめ設定