Windows10 スタートメニューのよく使うアプリを表示/非表示する方法

スポンサーリンク

Windows10 では、スタートメニューによく使っているアプリを表示する機能がついています。
「よく使うアプリ」をスタートメニューに表示、非表示する方法について紹介します。

Windows10 のスタートメニューを開くとアプリ一覧の上に、「よく使うアプリ」を表示することができます。

スポンサーリンク

「よく使うアプリ」の「表示/非表示」をする方法

スタートメニューから「設定」を開きます。


「個人用設定」をクリックします。


「スタート」をクリックします。


「よく使うアプリを表示する」という項目があります。
ここのスイッチをオン、オフすることで「よく使うアプリ」の表示をすることができます。


スイッチをオンにします。


「よく使うアプリ」が表示されます。


スイッチをオフにすると・・・


「よく使うアプリ」が非表示になりました。

Windows10デスクトップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366