Windows10 Chromium版Microsoft Edge を削除して元に戻す方法

スポンサーリンク

Chromium版(クロミウム版、クローム版)Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)をアンインストール(削除)して、以前のMicrosoft Edge に戻す方法について紹介します。

2020年1月16日よりマイクロソフトでは、Microsoft EdgeのChromium版という新しいアプリを公開しましたが、このChromium版Microsoft Edge をアンインストールして、元のバージョンに戻す方法について紹介します。

Chromium版Edge も通常のアプリと同様、「Windowsの設定」の「アプリ」からアンインストールすることができます。

スタートメニューから「設定」をクリックします。


Windowsの設定から「アプリ」をクリックします。


「アプリと機能」から「Micorosoft Edge」を探してクリックします。


「アンインストール」をクリックします。


さらに「アンインストール」をクリックします。


ポップアップが表示されます。
「アンインストール」をクリックします。


すると、Chromium版がアンインストールされ、以前のMicrosoft Edgeが出てきました。

Chromium版をアンインストールしましたが、以前のEdgeはWindows10に残っていたので、従来どおり以前のEdge は起動して通常通り使うことができます。


また、Chromium版削除後は、Edgeを開くとこのような英語のページが表示されましが、そのまま画面を閉じてしまって問題ありません。


以上、Chromium版Microsoft Edge をアンインストールしてもとに戻す方法について紹介しました。