Windows10 iPhoneの写真や動画をパソコンに取り込む方法について

スポンサーリンク

iPhone(アイフォン)で撮った写真や動画(ビデオ)をウィンドウズ10 のパソコンにコピーして取り込む方法について紹介します。

スポンサーリンク

用意するもの

パソコンに iPhone の写真をコピーするためには、次の3つが必要です。

  • USB端子のあるWindows10 のインストールされたパソコン
  • iPhone 本体
  • iPhone のケーブル(ライトニングケーブル)

Windows10 のパソコンはUSB端子のついたパソコンなら何でも大丈夫です。
iPhoneはお持ちのiPhoneですね。これも iPhone5 から最新のiPhoneXSまで同じ方法でできます。
iPhoneのケーブルというのが、iPhoneを購入していたときに付属している白いケーブルです。充電するときに使っていると思いますが、アダプタからケーブルだけ取り外して使います。(以下、ライトニングケーブルと呼びます)

iPhone の写真をパソコンにコピーする

まず、パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続してください。

iPhone を接続したら、次にエクスプローラーを開きます。
デスクトップ画面の下にあるタスクバーのフォルダアイコンをクリックしてください。


左のメニューの「PC」をクリックします。


「Apple iPhone」のアイコンがありますので、このアイコンを右クリックします。


メニューから「画像とビデオのインポート」をクリックします。


もしこの画面が出たら「OK」をクリックしてからiPhoneの画面を見てください。


iPhoneの画面がこの様になっているので、ロックを外してください。


パスコードを設定している場合はパスコードを入力します。

「信頼」をタップします。


するとパソコンからiPhoneの写真を認識できるようになります。


パソコンの画面が次のように表示されます。
「次へ」をクリックします。


ここで、取り込む写真を選択できるのですが、最初なので全部取り込んでみましょう。
「インポート」をクリックしてください。



パソコンに写真がコピーされます。


コピーが終了しました。
パソコンに取り込まれた写真が表示されました。

取り込んだ写真の保存場所

パソコンに取り込まれた写真の保存場所は、ピクチャフォルダの中になります。
取り込んだ日にちがフォルダ名になっていますので、フォルダをクリックして確認してください。

取り込んだ写真は、パソコンからプリンターで印刷したり、加工することもできます。
ビデオはDVDにしたしYouTubeにアップロードすることもできます。

以上、パソコンに iPhone の写真を取り込む方法について紹介しました。