1GBって何MB?ギガバイトとメガバイトの容量について

スポンサーリンク

パソコンの容量でよく出てくる、ギガバイトとメガバイトの容量について紹介します。

スポンサーリンク

GBやMB等の容量について

パソコンのハードディスクや、スマホの記録容量でよく出てくるGB(ギガバイト)やメガバイト(MB)。

コンピュータでは、データの量を表す単位としてB(バイト)が使われています。


バイトの一番小さい量が1バイトです。

その次がキロバイトで、1024B=1KB(キロバイト)


更にその先は、次のようになります。

1024B =1KB(キロバイト)
1024KB=1MB(メガバイト)
1024MB=1GB(ギガバイト)
1024GB=1TB(テラバイト)

色々な記録装置の容量について

スマホでもGBを使いますが、大抵容量は16GBから32GB、64GB程度ですね。
iPhone辺りだと最近は128GB、256GB、512GBまで出てきています。


SDカードだと、32GBから512GB程度が一般的です。


CDは640MB、700MBの2種類
DVDは片面一層は4.7GB、2層だと8.5GB。
ブルーレイは1層25GB、2層50GB、3層100GB、4層128GB。


このように、最近は色々な記録媒体で容量が大きくなってきていますが、どれもデータ消失する可能性がありますので、バックアップをしっかりとって、もしもの時に備えておきたいところですね。

Windows10その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366