Windows10 付箋はどこに消えた?Sticky Notesの出し方と使い方について

スポンサーリンク

Windows10では、従来からあった付箋アプリが名前を変えて「Sticky Notes」という名称になっています。「Sticky Notes」は英語で付箋、ポストイットという意味です。

Sticky Notesの出し方と使い方について紹介します。

Windows10では付箋アプリ「Sticky Notes」はアプリ一覧の「S」から起動することができます。


初回起動で「サインイン」を求められますが、とりあえず使いたいときは「今はしない」で使い始めることができます。


Sticky Notes が起動しました。
矢印の部分をクリックしてキーボードから入力すると文字を入力することができます。


中央の白いウィンドウは付箋一覧が表示されていますが、「✕」で閉じることができます。


付箋の場所を移動したいときは、付箋上部の赤枠の部分をドラッグすると移動可能です。


付箋の色を変更することができます。
「…」をクリックしてください。


変更したい色をクリックすると色が変わります。


付箋が水色に変更されました。

以上、Windows10の付箋アプリ「Sticky Notes」を紹介しました。