Windows10 Google日本語入力の手書き入力がない!機能が終了した件と代替アプリについて

Googleの日本語入力から手書き入力の機能がなくなりました。
2019年更新のバージョン2.25.3700(安定版)より、手書き入力の機能が終了したようです。Google 日本語入力の手書き機能の終了について紹介します。

Google から公開されている「Google 日本語入力」は変換が優秀なので使っている方も多いと思いますが、そのGoogle日本語入力から「手書き機能」が削除されました。
メニューを見ても手書き入力の項目がありません。


Google のヘルプを確認すると、現在の利用状況や開発の継続性などを踏まえて、機能を終了するということでした。

Google 日本語入力の手書き入力機能をこれまでお使いいただきましてありがとうございます。

提供当時と比べましてよりよい代替手段がオンラインサービスなどからご利用いただけることや、現在の利用状況や開発の継続性などを踏まえまして、提供する機能を集中させていただくことにいたしました。

これまでお使いいただいていた方には感謝とともにご不便をおかけして申し訳ありません。今後も Google 日本語入力を継続して提供させていただくために、ご理解とご容赦をいただけますと幸いです。

https://support.google.com/gboard/thread/10735573?hl=ja


手書き入力は読み方の分からない漢字等を入力する際に便利な機能だったので、機能が終了するととても不便です。

なんとか手書き機能を使う方法としては、Microsoft IMEにまだ機能が残っているので、そちらを使う方法と、Google Chrome の拡張機能を使う方法があるようです。


Microsoft IME を使う場合は、タスクバーから切り替えて使います。
Google 日本語入力のアイコンをクリックします。


「日本語 Microsoft IME」をクリックします。


MIcrosoft IME に切り替わったら「あ」をクリックし、「IMEパッドをクリックします。」


IMEパッドが起動するので、手書き入力することができます。


Windows純正の機能なので確実に使えますが、Google 日本語入力をメインで使っている場合は、切り替えるのがちょっと面倒ですね。

Google Chrome を使っている場合は、拡張機能を追加することで手書き機能を使うことができます。

引き続きご利用いただく前に


以上、Google 日本語入力の手書き入力機能について紹介しました。