Windows10 スリープ復帰時のパスワード入力を省略してロックしない設定方法

ウィンドウズ10でスリープ状態から復帰する時に、パスワード入力を省略してパソコンをロックしないようにする設定方法をご紹介します。


ウィンドウズ10では一定時間パソコンを使っていないと自動的にスリープ状態になって、使用電力を抑えてくれますが、初期設定では、スリープ状態から復帰する時にパスワード入力が必要になります。

このパスワード入力は、個人宅で使用しているときなど、必ずしも必要ではないので、省略することもできます。

スリープ復帰時にパスワード入力を省略する


「Windows の設定」から「アカウント」をクリックします。


「サインインオプション」をクリックします。

一番上の「サインインを求める」に「PCのスリープを解除する時間」というところをクリックします。


「ロックしない」を選択します。

これで設定完了です。

次回から、スリープ状態から復帰する時にパスワード入力をする必要がなくなりました。