Windows10 レジストリエディタの開き方や起動ファイルの場所について

レジストリエディターは、通常のWindows の設定からは変更できない項目を変更することのできるプログラムです。
レジストリエディターの開き方(起動方法)を紹介します。

レジストリエディターの開き方

デスクトップ画面からスタートメニューを右クリックします。


「ファイル名を指定して実行」をクリックします。


「ファイル名を指定して実行」はWindowsキーを押しながら「R」キーを押しても起動します。


ファイル名を指定して実行が起動します。


名前の欄に「regedit」とキーボードで入力して「OK」をクリックします。


するとユーザーアカウント制御の確認画面になりますので「はい」をクリックします。


レジストリエディターが起動しました。

レジストリエディターは詳細な設定変更が可能な分、設定を誤るとWindowsが起動しなくなる等の危険が伴いますので、使用には十分注意してください。

レジストリエディターの保存場所(フルパス)

Windows10 のレジストリエディターは、CドライブのWindowsフォルダー内に保存されています。

フルパスは「C:¥Windows¥regiedit.exe」です。
アイコンをダブルクリックすると起動することができます。