Windows10 お気に入りを画面左側に常時表示する方法について

スポンサーリンク

ウィンドウズ10でブラウザのお気に入りを、常に左側に表示する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

エッジでは左側表示できない

ウィンドウズ10では、インターネット閲覧ソフト(ブラウザ)が従来のインターネットエクスプローラー(以下 IE)からマイクロソフトエッジ(以下 エッジ)に変更されました。

このエッジでは、お気入りが画面左側に固定表示できないため、IEの時のように画面左側に表示しておきたいという方も少なくないと思います。


しかし、現在のバージョンのエッジではお気に入りを左側に常時表示できません。

できないものはしょうがありません。
ここは発想を切り替えて、IEを使うことにしましょう。


ウィンドウズ10で、エッジに切り替わったため、もうIEが使えなくなったと思っている方も多いと思いますが、実はウィンドウズ10でもIEが標準インストールされており、普通に使うことができます。

ウィンドウズ10でIEを使う方法については、以下の記事を参考にしてください。

https://find366.com/windows10-ie-shortcut/‎

IEでお気に入りを左側に表示する方法

IEを起動して、右上にある☆アイコンをクリックします。


お気に入りが表示されたら、お気入りを左側に表示するボタンをクリックします。


これでお気に入りが左側に表示されましたね。

しかし、ちょっとお気に入りの幅が広すぎますね。

そんなときは、お気に入りと閲覧画面の境目のバーをドラッグして、幅を調整することができます。

ちょうどよくなりましたね。

IEを使っていても大丈夫?

ウィンドウズ10でエッジに変更されたので、IEを使っていても大丈夫なの?と思われる方もいるかと思いますが、IEの最新版「IE11」では、延長サポート終了日が、2025年10月15日(日本時間)となっており、今後しばらく使っていても問題ありません。

IEでしか正常に表示されないサイトも少なくないので、まだまだ現役なブラウザなんですね。


ということで、ウィンドウズ10でお気に入りを左側に表示して使いたい場合は、無理せず「IE11」を使っていきましょう。

Windows10Microsoft Edge
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366