iPhone のカメラ機能を無効化する方法[ロック画面やホーム画面で起動させない]

iPhone のカメラ機能を無効化して、ホーム画面やロック画面からカメラを起動しないようにする方法です。

設定アプリを起動します。

スクリーンタイムをタップします。

 

 

 

「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。

 

「続ける」をタップします。

 

「これは自分用のiPhoneです」をタップします。

 

 

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

 

「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチがオフになっているので、タップしてオンにします。

 

「許可されたApp」をタップします。

 

アプリの一覧が表示されるので、この中にある「カメラ」アプリのスイッチをタップしてオフにします。

 

カメラアプリのスイッチがオフになったら設定完了です。

 

ホーム画面に戻ると、設定前までホーム画面にあった「カメラ」アプリ自体が見えなくなりました。

 

ロック画面でも、カメラの起動ができなくなります。

 

ロック画面をスワイプしてもカメラが起動しません。

 

純正カメラだけでなく、ダウンロードしたサードパーティ製のカメラも同様に起動しなくなります。

 

 

ロック画面などで、カメラが起動しないようにしたいという方も少なくないと思います。

しかし、現状では、カメラの機能を制限することで、ロック画面等でカメラを起動させなくできますが、結果的に「iPhone」でカメラ自体が使えなくなるというものなので、設定する場合は注意してください。

 

以上、iPhone でカメラアプリを無効にする方法について紹介しました。