iPhone12 mini の電源の切り方と入れ方について

スポンサーリンク

iPhone12 mini の電源の切り方と、入れ方について紹介します。

iPhone では、iPhone X からホームボタンがなくなったため、ホームボタンのある iPhoneとは少々操作方法が違うところがあります。

iPhone 12 mini の電源の切り方も同様で、電源ボタンを長押ししても電源オフの画面が表示されません。

 

スポンサーリンク

電源オフの仕方

iPhone 12 mini で電源オフの画面を表示するためには、電源ボタンとボリュームの下ボタンを同時に長押しする必要があります。

 

上の画面ではちょっとわかりにくいので、横からの写真を用意しました。

iPhone 本体の右側面にあるのが電源ボタンです。

 

本体左側面の丸で囲んでいるのが「ボリュームの下ボタン」です。

 

この2つのボタンを親指と人差指で挟み込むように押します。

するとこのような電源オフの画面が表示されます。

 

この電源オフの画面で、まるで囲んだマークを右にスライドすると電源がオフになります。

 

こんな感じで、右にスライドするとiPhone の電源がオフになります。

 

電源オンの仕方

逆にiPhone の電源がオフの状態から電源を入れる時は、この「電源ボタン」だけを長押しします。

 

電源ボタンを長押しして、画面にこのリンゴマークが表示されたら指を離してもOKです。

 

iPhone の電源をオフにした時は、初回のみ FaceID(顔認証)だけではロック解除できませんので、パスコードがわからない時は、うっかり電源オフにしないようにしましょう。

 

以上、iPhone 12 mini の電源の切り方と入れ方について紹介しました。