Windows10 Windows Defender のリアルタイムチェックを無効にする方法

スポンサーリンク

Windows10 のウィルスチェックアプリ「Windows Defender」では常にパソコンを監視するリアルタイム保護が有効になっています。
このリアルタイム保護を無効にする方法です。

デスクトップ右下にある通知領域の「∧」をクリックします。


続いて「盾」のようなアイコンをクリックします。


「ウィルスと驚異の防止」をクリックします。

「設定の管理」をクリックします。


「リアルタイム保護」のスイッチがありますので、これをクリックしてオフにします。



「はい」をクリックします。


スイッチがオフになり、リアルタイム保護が無効になりました。

リアルタイム保護がオフになっており、お使いのデバイスは脆弱な状態です。


リアルタイム検索をオフにしている間は、通知領域のWindows Defender のアイコンに「✕」が表示されます。


以上、Windows Defender のリアルタイム検索を無効にする方法を紹介しましたが、通常はリアルタイム検索をオフにせず、スイッチをオンにしておいてください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2019-03-22_00h38_16-640x455.png です

Windows10システム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366