Windows10 隠しファイルや隠しフォルダーを作る方法

スポンサーリンク

Windows10 で隠しファイルや隠しフォルダーを作る方法について紹介します。

はじめに隠しファイルや隠しフォルダーにしたいファイルやフォルダーを用意します。
作業場所はデスクトップやフォルダー内などどこでもOKです。
ここでは例としてデスクトップで作業します。


隠しフォルダーにしたいフォルダーで右クリックして「プロパティ」をクリックします。


プロパティの下の方に「隠しファイル」というチェックボックスがあります。


チェックボックスにチェックを入れて「OK」をクリックします。


すると、このように隠しファイルに設定したフォルダーのアイコンが消えて見えなくなりました。



同様にファイルも隠しファイルにしてみます。


このように2つのファイルとフォルダーが隠しファイルになって、アイコンが見えなくなりました。


隠しファイルにしたファイルやフォルダーを再表示したいときは、フォルダーの表示から「隠しファイル」のチェックを入れると表示することができます。


この隠しファイルにする操作は、今回例にした「フォルダー」や「テキストファイル」だけではなく、「ドライブ」や「エクセル」「ワード」「画像」「動画」ファイルなどでも隠しファイルに設定することができます。


以上、隠しファイルを作成する方法でした。

Windows10エクスプローラー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366