WIndows10 Windows defender でファイルをウィルススキャンする方法について

スポンサーリンク

Windows10 に標準搭載されている「Windows Defender(ウィンドウズディフェンダー)」で右クリックしてファイルを個別にウィルススキャンする方法について紹介します。

Windows10 では、別に購入しなくても標準でウィルスソフトがインストールされています。

このソフトは「Windows Defender」といいます。

この Windows Defender では、パソコン内のすべてのファイルをスキャンする、フルスキャンや簡易的なクイックスキャンとは別に、個別にファイルをスキャンする機能があります。


このファイルをメールに添付したいのだけど、ウィルススキャンをしなきゃという場合に、個別にウィルススキャンすると短時間でできるので時間の節約になるためおすすめな方法です。

ウィルスチェックをするためには、まずスキャンしたいファイルが保存されているフォルダを開いてください。


デスクトップ画面にファイルが有るのであればそのまま実行できます。

もし他のフォルダにある場合はエクスプローラーからファイルの保存場所を開いてください。


ウィルスチェックしたいファイルが表示されたら、そのファイルの上で右クリックしてください。


すると、このようにメニューが表示されるので、「Windows Defender でスキャンする」をクリックしてください。


するとすぐさまファイルのでウィルススキャンが開始されます。

スキャンが終了すると、次の画面のように結果が表示されます。

「0個の脅威が見つかりました。」と表示されているのがわかると思います。

このように表示されている場合は、スキャンの結果ウィルスがなかったということです。

もし、ウィルスが見つかった場合は、そのファイルは危険ですので、メールに添付したり、USBメモリにコピーして他人に渡さないようにしてください。


以上、Windows Defender でファイルをウィルススキャンする方法について紹介しました。