Windows10 USBメモリからUSBメモリへデータをコピーする方法について

USBメモリからUSBメモリに、データ(ファイル)をコピーする方法について、丸ごとのコピー(バックアップ)や、パソコンに一時的にコピーする方法について紹介します。

USBメモリ2本使って直接コピーする方法

パソコンにUSB端子が2つ以上ある場合、USBメモリを2本接続して、データを直接コピーすることができます。

パソコンにUSBメモリを2本接続して、エクスプローラーを開きます。

USBメモリが表示されたら、コピー元のUSBメモリから、コピー先のUSBメモリにドラッグします。


メニューが出るので「コピー」をクリックします。


コピーが始まります。


コピー終了後、コピー先のUSBメモリを開くと、フォルダが自動で作られて、その中にコピー元のファイルがコピーされます。

これでUSBメモリからUSBメモリのコピーは終了です。


パソコンに一度移してからコピーする方法

コピー元のUSBメモリから、一旦パソコンにデータをコピーしてから、コピー先のUSBメモリにコピーする方法です。

コピー元のUSBメモリを開き、コピーしたいデータを選択して、右クリックからコピーします。


コピーしたデータをデスクトップに貼りけます。

(デスクトップの何もないところで右クリックして「貼り付け」をクリックします。)


データがデスクトップにコピーされました。


コピー元のUSBメモリを取り外します。


コピー先のUSBメモリをパソコンに接続します。


デスクトップ画面のデータを、再度選択し、コピーします。


コピー先のUSBメモリを開きます。
右クリックでメニューを出し、「貼り付け」をクリックします。


メニューから、「貼り付け」をクリックします。


コピーが開始します。


コピーが終了しました。

USBメモリはいつ壊れるかわからないので、コピーした後はUSBメモリだけにデータをUSBメモリだけに保管せずに、必ず複数の場所にデータのバックアップを保存しておくようにしてください。

おすすめ

USBメモリの使い方や設定はこちらの記事を御覧ください。

ウィンドウズ10 USBメモリの使い方や設定