Windows10 タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを作る方法

スポンサーリンク

Windows10 のデスクトップやタスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを作る方法について紹介します。

Windows10 ではもともと、タスクバーの右端をクリックするとデスクトップを表示できる「デスクトップ表示」ボタンがありますが、小さくてほとんど見えません。


ここでは、この「デスクトップの表示」アイコンを作る方法や、このアイコンをタスクバーに表示する方法について紹介します。

スポンサーリンク

デスクトップの表示アイコンを作る方法

デスクトップの何もないところで右クリックして、「新規作成」→「ショートカット」とクリックします。


空のショートカットとショートカット作成画面が表示されます。


「項目の場所を入力して下さい」の欄に以下のコマンドを、カットアンドペーストして「OK」をクリックして下さい。手入力でもかまいません。

explorer.exe shell:::{3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257}



次にショートカットの名前を入力して「OK」をクリックして下さい。


デスクトップにショートカットが作成されました。
このショートカットをダブルクリックするとデスクトップが表示されます。

アイコンを変更する

このままだと何のアイコンかわかりにくいので、アイコンを変更します。
ショートカットで右クリックして、「プロパティ」をクリックして下さい。


「アイコン」の変更をクリックして下さい。


好みのアイコンを選択して「OK」をクリックして下さい。


「OK」をクリックするとアイコンの変更完了です。


「デスクトップの表示」アイコンらしくなりました。

タスクバーに表示する方法

この「デスクトップの表示」アイコンをタスクバーに表示します。
ショートカットアイコンで右クリックして、「タスクバーにピン留めする」をクリックして下さい。


するとタスクバーに「デスクトップの表示」アイコンが表示されます。


ウィンドウが表示された状態で、タスクバーの「デスクトップの表示」アイコンをクリックすると、デスクトップが表示されるようになります。


ウィンドウが全て最小化され、デスクトップが表示されました。


以上、「デスクトップの表示」アイコンをタスクバーに作る方法でした。

Windows10デスクトップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366