Windows10 コントロールパネルを開く色々な方法

スポンサーリンク

ウィンドウズ10では各種設定をするのに「Windows の設定」を使いますが、従来あった「コントロールパネル」も使うことができます。

コントロールパネルでしかできない設定もあるので、コントロールパネルを開く方法について紹介します。

スポンサーリンク

スタートメニューからコントロールパネルを開く

スタートメニューのアプリ一覧から「Windows システムツール」を開くと、コントロールパネルがあります。


クリックするとコントロールパネルが開きます。

タイルにピン留めする方法

スタートメニューのコントロールパネルから右クリックしてピン留めすると、タイルからコントロールパネルを開くことができるようになります。


タイルにコントロールパネルが表示されました。

クリックすると、コントロールパネルが起動します。

デスクトップ画面にコントロールパネルのアイコンを表示

デスクトップにコントロールパネルのアイコンを表示することもできます。


やり方は、デスクトップの何もないところで右クリックし、メニューから個人設定を開きます。


テーマから「デスクトップアイコンの設定」を開きます。


コントロールパネルにチェックを入れて「OK」をクリックすると、デスクトップ画面にコントロールパネルのアイコンが表示されます。

 

コマンドからコントロールパネルを起動する

キーボードの「ウィンドウズボタン」と「R」キーを同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」が起動します。

名前に「control」と入力して、「OK」をクリックすると、コントロールパネルが起動します。

Cortana から起動する

Cortana がタスクバーにある場合は、Cortanaからも起動できます。

Cortana に「control」と入力します。

候補にコントロールパネルが表示されるので、クリックすると起動します。

Windows10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366