Windows10 PDFビューアを無料でインストールする方法

スポンサーリンク

Windows10 でPDFを閲覧する場合、初期設定では「Microsoft Edge」でファイルを開くように設定されています。
Adobe Acrobat Reader を無料でダウンロードして、インストールする方法について紹介します。

スポンサーリンク

Adobe Acrobat Reader をインストールする方法

まず、Adobe の公式サイトのAcrobat Reader ダウンロードページにアクセスします。
Acrobat Reader DC ダウンロードページ

ダウンロードページにアクセスしたら、ボックスをひとつずつクリックしてWindows10 にあったダウンロードファイルを選択していきます。

手順1をクリックして「Windows10」を選択します。


手順2は「Japanese」です。


手順3は、今回は一つしかありませんでしたのでこれをクリックします。


次に「オプションのプログラム」でチェックボックスをクリックして外します。
チェックボックスをつけたままだと「Google Chrome」が自動的にインストールされてしまいます。


最後に「今すぐダウンロード」をクリックします。


「初期化中」と表示されます。


「実行」をクリックします。


次にダウンロード中と表示されますが、この画面が出ないときはタスクバーの赤いアイコンをクリックしてください。するとこの画面が表示されます。


自動的にアプリがインストールされました。
「終了」をクリックするとこの画面が閉じます。

PDFファイルの関連付けをする

続いてこのような画面が表示されます。

これは、今インストールしたAcrobat Reader とPDFファイルを関連付けしてPDFファイルをクリックするとAcrobat Readerで開けるようにしますか?というものです。
関連付けする場合は「はい」をクリックします。


プロパティが開きますので「変更」をクリックします。


初期設定では「Microsoft Edge」に設定されています。
「Adobe Acrobat Reader DC」をクリックして選択します。


「Adobe Acrobat Reader DC」が選択されて青くなったら「OK」をクリックします。


プロパティに戻ります。
プログラムが「Adobe Acrobat Reader DC」に変更されているのを確認して「OK」をクリックします。


「続行」をクリックします。



「Adobe Acrobat Reader DC」の画面に戻ります。
右上の「✕」をクリックしてウィンドウを閉じます。


これで「Adobe Acrobat Reader DC」のダウンロードとインストール、関連付けがすべて終了しました。
PDFファイルを開くと「Adobe Acrobat Reader DC」で閲覧できるようになります。

Windows10アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366