Windows10 November 2019 Update(1909)にアップデートして大丈夫?更新の不具合や評判について

スポンサーリンク

日本時間の2019年11月13日の未明、Windows10の半年に一度の大型アップデート「Windows10 November 2019 Update(1909)」が配信開始されました。

Windows10 November 2019 Update(1909)へ更新した後の不具合、バグなどについて紹介します。

Windows10 November 2019 Update(1909)はこれまでのアップデートと比べて、不具合等の修正がメインのため、比較的小規模の更新のようです。
そのため、アップデートの不具合とも少ないようで、今の所バージョン1809で起こった、フォルダ喪失等の重大な不具合は報告されていません。

アップデートにかかった時間も、バージョン1903から1909へのアップデートであれば、10分程度、再起動1回で終了するものとなっています。
※もちろん2019年春のアップデート「1903」より以前のバージョンから「1909」にアップデートするときには、それ相当の時間もかかるし、不具合等も起こる可能性があるので、その場合はバックアップをするなどして、不具合に備えてください。


しかし、仕事などで使っている Windows10 搭載のパソコンを積極的にアップデートするのは、とても危険なので、しばらく様子を見てから更新しても遅くはないでしょう。



Windows10 November 2019 Update(1909)へのアップデートは、しばらくは自動的に行われることはないので、アップデートせずに通常通り使うことをおすすめします。

Windows10 のアップデートを一時的に、もしくは完全に止める方法は次の記事で紹介していますので、参考にしてください。

Windows10 Google Chrome の自動更新を停止し勝手にアップデートしないようにする方法
Windows10 Windows Updateのアップデートの更新を一時的に停止する方法


以上、Windows10 November 2019 Update(1909)の不具合や評判について紹介しました。

Windows10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366