エクセルで数値にプラスマイナスを付けて表示する方法[±の表示]

エクセルでは、通常数値にマイナスは付きますが、正の数値にあえて「+」とは付きません。

数値にプラスマイナスを付けて表示する方法を紹介します。

 

表示設定したいセルを選択状態にして右クリックします。

 

「セルの書式設定」をクリックします。

 

「表示形式」の「ユーザー定義」をクリックします。

 

「種類」の「G/標準」というところを変更しますので、ここをクリックします。

 

ボックスの文字を消してから「+0;−0;0」のように入力し「OK」をクリックします。

「;」はセミコロンです。キーボードの「れ」のキーです。

 

すると、正の数字に「+」が負の数値に「ー」が付きました。

 

また、0「ゼロ」の数値にあえて「±(プラスマイナス)」と付けたい場合もあるかと思います。

 

そんな時は、セルの書式設定で「+0;−0;±0」と入力すると表示することができます。

 

「±」は日本語変換で「ぷらすまいなす」と入力すると変換候補に表示されます。

 

以上、エクセルで数値にプラスマイナスを付けて表示する方法について紹介しました。

エクセルの使い方

エクセルのその他の使い方については、こちらからどうぞ。

エクセルの使い方

Windows10 の使い方

Windows10のパソコンの便利な使い方は、こちらからどうぞ。

Windows10 の使い方