Windows10 デスクトップから消えたタスクバーを元に戻す方法

スポンサーリンク

デスクトップから消えて見えなくなってしまったタスクバーをもとに戻す方法について紹介します。

ウィンドウズ10のデスクトップ画面から、タスクバーが消えて見えなくなってしまった場合、設定によって自動的に隠す状態になっている場合と、エクスプローラーが正常に動作していなくてタスクバーが表示されない場合があります。

スポンサーリンク

タスクバーを自動的に隠す設定を戻す

設定でタスクバーが自動的に隠れる設定になっている場合は、個人用設定から元に戻すことができます。
デスクトップの何もないところで右クリックします。


「個人用設定」をクリックします。


右のメニューの「タスクバー」をクリックします。


タスクバーが自動的に隠れる設定になっている場合は「タスクバーを自動的に隠す」の設定が「オン」になっています。
デスクトップモードとタブレットモードの設定が2種類あります。


設定をクリックして「オフ」にするとタスクバーが表示されます。
通常のパソコンの場合は、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオフにします。
タブレットモードで戻したいときもここで「オフ」にします。


隠れていたタスクバーが表示されるようになりました。

設定変更しても出てこないときは

設定をオフにしてもタスクバーが表示されないときは、ウィンドウズ10が正常に動作していない可能性があります。
ウィンドウズメニューからパソコンを再起動してみましょう。

それでも直らないときは

通常はこれでタスクバーが出てくると思いますが、これでも出てこない場合はウィンドウズ10がシステム的に破損している可能性があります。
ウィンドウズ10を復元するか、初期化をする必要があるかもしれません。

Windows10デスクトップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366