Windows10 ゴミ箱の中身や一時ファイルを自動的に削除するようにする方法(ストレージセンサー)

スポンサーリンク

パソコンのゴミ箱に入っているファイルや、Windowsの一時ファイルなど、ハードディスクの容量を圧迫しているファイルを削除し、空き容量を増やすことができます。
ストレージセンサーを有効にする方法について紹介します。

スタートメニューから「設定」をクリックして下さい。


「システム」をクリックします。


「ストレージ」をクリックします。


ストレージセンサーの設定があります。

Windowsは、一時ファイルやごみ箱の中身など不要なファイルを削除して、
自動的に空き領域を増やすことができます


スイッチをクリックして「オン」にしてください。
これでストレージセンサーが有効になりました。


「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックすると、ストレージセンサーの詳細設定が確認できます。


ストレージセンサーの実行方法の変更をすることができます。


以上、ゴミ箱の中身や一時ファイルを自動的に削除する方法について紹介しました。

Windows10デスクトップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366