Windows10 デスクトップ画面の表示について

スポンサーリンク

Windows10のデスクトップ画面の各機能と名称を紹介します。

Windows10を起動すると、この画面が表示されます。
これはデスクトップといいます。

  1. ごみ箱
  2. スタートボタン
  3. 検索ボックス
  4. タスクビューボタン
  5. タスクバーアイコン
  6. タスクバー
  7. 通知領域
  8. デスクトップ表示ボタン

ごみ箱

不要なファイルを削除すると、一旦このごみ箱に入ります。
ファイルをごみ箱にドラッグすると、削除することもできます。

スタートボタン

スタートメニューを表示します。
アプリの起動や、各種設定、Windowsの終了などができます。

検索ボックス

パソコン内のファイルやアプリ、インターネットの検索などができます。

タスクビューボタン

クリックすると起動中のアプリや、過去に使ったアプリを表示することができます。

タスクバーアイコン

タスクバーに表示されているアイコンをクリックするとアプリを起動することができます。

タスクバー

タスクバーはアイコンや検索ボックス、通知領域などが表示される場所の名称です。

通知領域

時計や、音量、ネットワークの状態、接続中の機器などが表示されています。

デスクトップ表示ボタン

このボタンを押すと、アプリやフォルダがたくさん表示されていても、デスクトップを出すことができます。
マスクカーソルをのせると、ウィンドウが透けて、デスクトップが見えます。

Windows10デスクトップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
find366をフォローする
スポンサーリンク
find366