エクセルで複数のセルに一気に同じ数値や数式・文字等のデータを入力する方法

エクセルで複数のセルに同じ数値や数式を入力するときには、カットアンドペーストやオートフィルを使うのが一般的ですね。

そのどちらも使わずに、それらよりも早く一気に同じ数値や数式、文字などを入力する方法を紹介します。

まずは、同じ数値を一気に複数のセルに入力してみます。

 

図のように複数セルを選択状態にします。

 

複数セルを選択状態にしたまま、キーボードで数値を入力します。

 

数値を入力したらキーボードの「Ctrl」を押しながら「Enter」キーを押します。

すると選択状態だったセルに一気に数値が入力されましたね。

 

この複数セルに入力する機能は、数値のほかにも数式や文字でもOKです。

 

今度は数式を一気に入力してみましょう。

 

B列とC列の合計をD列に表示してみましょう。

D列の合計を表示したいセルを選択状態にします。

 

選択状態から「B2」と「C2」を足した合計を求める数式を入力しました。

マウスを使って入力してもOKです。

 

数式を入力したら数値の時と同じように「Ctrl」キーを押しながら「Enter」キーを押すと、数式が一気に入力されてそれぞれの合計が表示されました。

 

同様に文字も一気に入力できますが、今度はランダムなセルを「Ctrl」キーで選択状態にして、飛び飛びのセルに同じ文字を入力してみましょう。

 

こんな風に、連続していないセルに一気に文字や数値、数式を一気に入力可能です。

選択していないセルには文字が入力されていませんね。

 

オートフィルやカットアンドペーストを使っても同じ結果を出すことはできますが、マウスでセルを選択して、右クリックしてからコピーを選んで、貼り付け先のセルを選択して最後にペーストするというような呪文のような作業をしなくても、今回の方法を使うとささっとできるのがいいですね。

このように文字で書いただけでも長いです・・・

 

以上、エクセルで複数のセルに一気に同じ数値や数式・文字を入力する方法について紹介しました。

エクセルの使い方

エクセルのその他の使い方については、こちらからどうぞ。

エクセルの使い方

Windows10 の使い方

Windows10のパソコンの便利な使い方は、こちらからどうぞ。

Windows10 の使い方